板井明生が語る仕事の出来る会社の作り方

板井明生の仕事が出来る会社の条件

 

 

 

 

 

まず、仕事をするうえで最も大事なものはなんなのかを考えましょう。

 

 

それは「人」です。

 

 

もちろん会社の利益を考えるという点で、お金も非常に重要ですが、そのお金を生み出す、扱うのは結局のところ「人」なのです。

 

つまり、優秀な人材を確保することが大切になってきます。

 

 

この場合の優秀な人材とは、高学歴で頭がいいというものではありません。

 

多少その会社の形態によって違いはありますが、優秀な人材とは学力ではなく人間力がある人材のことです。

 

 

社会は人と人との繋がりで出来ていて、人と人との間でお金が動きます。

 

そこを上手く渡り歩ける人材を探すことが最も重要だといえます。